心の余裕がやる気を起こす!ストレスフリーの仕事術

ストレスフリーの仕事術イメージ画像


心がいっぱいいっぱいでストレスを抱えていては、仕事は上手くいきづらいものです。

気持ちに余裕を持って取り組むことで、物事はよい方向へ運びやすくなります。

そこでやる気を持って仕事に励むためのストレスフリーの仕事術をご紹介します。

出社前に立ち寄る場所をつくる

コンビニやコーヒーショップなど、出社前に立ち寄る場所を設けると、会社に行く前に仕
事に立ち向かう心の準備ができます。

一度息を抜いてから会社に行くのと、遅刻間際に会社に駆け込むのでは、1日の仕事にも
大きな差が生まれるのです。

頭の中を空にする

いろんなことを覚えていると仕事に役立つ反面、新たなことが頭に入りづらくなります。
心に余裕がない状態では、ちょっとした上司からの叱責や業務上のトラブルが心の負担と
なってしまいがちです。

仕事が一つ片付くごとに、頭の中をリセットして、不要なことは
忘れるようにしましょう。

こまめにメモを取るようにしておけば、覚えておかなければならないプレッシャーから解
放されます。

何も考えない時間をつくる

仕事が忙しいときに仕事のことばかり考えていると、オンオフの切り替えができなくなっ
てしまいます。夜に帰宅したら10分間ほど瞑想し、何も考えない時間をつくると、家で過
ごす時間をくつろいで過ごしやすくなります。深呼吸をして、ゆったりとした気持ちで目
をつぶってみましょう

また、1日1日頭を切り替えていくことで、翌日に新たなことが頭に入りやすくなるのです。

仕事を抱えこみ過ぎない

仕事を人に任せず、自分で抱え込み過ぎるとキャパシティーを超えてしまいがちです。同
僚や部下を信じて、人に任せる仕事をつくりましょう。頼んだ結果、自分でやった場合の
80%程度の成果しか得られないケースでも、仕事を頼んだ相手の今後の成長にとってプラ
スとなれば、会社にとってもメリットとなることもあるのです。

休日は仕事を忘れる

休日は仕事を忘れて、家族や友人と過ごしたり、趣味に時間を費やしたりして、リフレッ
シュしましょう。

土曜日や日曜日も仕事が気になる、あるいは仕事の勉強がしたいと思うかもしれません。
しかし、週に1日は完全な休日を設けて仕事から離れることで、ストレスを感じにくくなります。

最後に

心に余裕があることで、モチベーションを保って仕事に取組みやすくなります。日頃スト
レスを解消するのが難しくても、休日にはリフレッシュをして、新たな気持ちで一週間を
迎えられるように心掛けましょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です