WordPressページをスマホ対応にする方法

68

スマホからウェブサイトにアクセスする人の数が割合がどんどん増えています。
例えば、この「コンサル大学」の場合、約40%がスマホからのアクセスです。

従って、Wordpressページをスマホでも表示しておけるようにしておくことは非常に重要です。
今回は、プラグイン「Wptouch Mobile Plugin」を使ってスマホで表示できるようにする方法について解説します。

Wptouch Mobile Pluginのインストール

まずは「Wptouch Mobile Plugin」をWordPressにインストールしなければなりません。
インストールと有効化は「WordPressプラグインのインストールの3つの方法と有効化の方法」をご覧ください。
記事内の3つのやり方のうちパターン1のやり方で可能です。
プラグインの検索をする際、「wptouch」で検索してください。

プラグインを有効化すると左メニューの「設定」の下に「Wptouch」という項目が追加されます。

14-01


とりあずこれでスマホで見てもレイアウトが崩れないようになっています。
「Mobilizer」というスマホシミュレーションソフトを使うことで、サイトがスマホだとどのように表示されるか見ることができます。

14-02

Wptouch Mobile Pluginの便利な設定

「Wptouch Mobile Plugin」では様々な設定をすることができます。
左メニューの「Wptouch」>「Core Stteings」を選択します。

14-03


まず表示言語を変えてみます。デフォルト(初期設定)は英語ですが、これを日本語に変えます。

14-04


「Regionalization」で日本語を選択し、下にスクロールして設定を保存します。

14-05


「Save Changes」をクリックします。

14-06


表記言語が日本語に変わりました。
サイトタイトルを「なんでもダイアリー」に変えてみます。

14-07


上記のように変えて、下にスクロールして「変更を保存」をクリックします。
「Mobilizer」で確認してみましょう。

14-08


ご覧のようにサイトタイトルが変更されました。

また、WptouchのバージョンをProにアップグレードすると、Googleアドセンスを表示することができたり、他に色々と設定できるようになります。
ただし有料ですし、我々のようなコンサルタントが使うことはほぼありませんので無料のままで良いでしょう。

以上で、ワードプレスページをスマホで見られるようにするプラグインWptouch Mobile Pluginの設定方法です。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です