WordPressプラグインのインストールの3つの方法と有効化の方法

53

WordPressはプラグインをインストールし有効化することで、簡単に新たな機能を追加することができます。
実は、WordPressのプラグインの設定についてはそれぞれによって違いがありますが、プラグインのインストールの方法は3つしかありません。

「WordPressのプラグインのインストールは3パターンしかないんだ」
と知っておくだけでもプラグインの設置のハードルは大きく下がります。
ウェブ制作をする人からすれば何でもないことですが、専門家ではないコンサルタントが自分でやるとなると、この心理的なハードルは意外と大きいですから。

ぜひ理解しておいてください。

パターン1 WordPressの管理画面(ダッシュボード)から
インストールする方法

このプラグインのインストール方法が使えるのは…

このプラグインのインストール方法が使えるのはWordPressプラグインの公式登録がされているものをインストールするときに使える方法です。

プラグインのインストールの手順

WordPress管理画面(ダッシュボード)の左メニュー「プラグイン」>「新規追加」をクリック。

01-01


プラグインの名称、キーワード、作成者、もしくはタグを入力して検索します。
半角の英語でのみ検索が可能なので注意。

01-02


ちなみに、人気のタグから目的のプラグインを探すこともできますが、ほとんど使いません。

検索結果からプラグインをインストール

目的のプラグインが見つかったら、『いますぐインストール』をクリック。

01-03


「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」というメッセージが表示されたら、【OK】をクリック。
下記のような画面で「プラグインのインストールが完了しました。」と表示されたらインストールは完了です。
たまに時間がかかる場合もありますが落ち着いて待ちます。

01-04

パターン2 ZIPファイルをPCからアップロードして
インストールする方法

WordPressプラグインの公式登録がされていないものをインストールする際に使います。
ただし、悪意のあるファイルである可能性もありますから信頼できる配布元のプラグインのみにしてください。

プラグインをダウンロード

まずプラグイン配布ページからファイルをダウンロードしておきます。
デスクトップに保存しておくと後で分かりやすいです。

ちなみに他のサイトで配布をしているけれど、パターン1でインストールができるという場合もあります。
なので、一度、その名称で検索して公式で配布されていないことを確認してからダウンロードするようにしましょう。

アップロードしてインストール

WordPress管理画面(ダッシュボード)の左メニュー「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

01-01


プラグインのインストール画面が表示されたら、「アップロード」をクリック。

01-05


「ファイルを選択」ボタンをクリックし、プラグインのZIPフォルダを選択し「開く」をクリック。

01-06
01-07
01-08


「いますぐインストール」ボタンをクリックすると、インストールが開始されます。
下記のような画面で「インストールが完了しました。」と表示されたらインストールは完了です。

01-09

パターン3 『FTPソフト』を使ってプラグインを
インストールする方法

少し上級者向けの方法です。
パターン2と同じくWordPressプラグインの公式登録がされていないものをインストールする際に使います。
ただし、信頼できる配布元のプラグインのみにすべきなのも同じです。

FTPソフトとは、サーバーにデータをアップロードするのに使うものです。
これを使ってプラグインをインストールします。

プラグインをダウンロード

こちらもパターン2と同じ。
まずプラグイン配布ページからファイルをダウンロードしておきます。
デスクトップに保存しておくと後で分かりやすいです。

ちなみに他のサイトで配布をしているけれど、パターン1でインストールができるという場合もあります。
なので、一度、その名称で検索して公式で配布されていないことを確認してからダウンロードするようにしましょう。

ZIPファイルを解凍してアップロード

ダウンロードしたファイルは、「●●.zip」という名前の圧縮ファイルになっているはずです。これを、解凍ソフトを使って解凍します。
解凍したファイルはフォルダごとFTPソフトで「wp」>「wp-content」>「plugins」の中にアップロードしてください。

上記の言葉の意味が分からないなら。。。パターン2で設置しましょう。

プラグインを有効化する

以上3つのやり方のいずれかを選択して、プラグインをインストールします。

しかし、プラグインの機能を使うには、インストールだけでは足りません。
そのあと「有効化」する必要があります。
有効化の方法は簡単です。

有効化は、WordPress管理画面の「プラグイン」をクリックし、

01-10


指定のプラグインの名称の下にある「有効化」をクリックします。

01-12


これでプラグインの有効化は完了しました。

あとは、プラグイン独自の設定をして、プラグインの機能をフル活用していきましょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です