WordPressサイトをソーシャルメディアと連携するプラグインJetpackの設定方法

67

今回はWordpressサイトをFacebook,twitter,Google+などソーシャルメディアと連携するプラグイン「Jetpack」の設定方法について解説します。
実はJetpackの機能はソーシャルメディアとの連携だけではなく、様々なことに利用が可能です。
ただ、大半は他のプラグインetcで代用可能だったりします。
しかし、他のWordpressプラグインと比べて楽にソーシャルメディアと連携機能は非常に楽です。

そこで今回は、Facebook,twitter,Google+などソーシャルメディアと連携する方法に絞って解説します。

Jetpackのインストールと有効化

まずは他のWordpress プラグインと同様「Jetpack」のインストールと有効化を行います。
インストールと有効化は「WordPressプラグインのインストールの3つの方法と有効化の方法」をご覧ください。
記事内の3つのやり方のうち、どのやり方でも可能です。

Jetpackの設定方法

「Jetpack」をインストールすると、ダッシュボードにご覧のような「WordPress.comとの連携」というバナーが表示されます。

13-01


このバナーをクリックします。

13-02


すると上図のような画面に推移します。網掛けで隠してあるところはそれぞれ下記の通りです。
①ワードプレスがインストールしているドメイン名
②WordPressnoアカウント名
もし、表示されている情報でよろしければ「Jetpackの認証」をクリックします。

13-03


認証が完了しました。

13-03.1


「設定ページ」をクリックします。

13-04


そうすると、用意されてる機能の一覧がご覧のように表示されます。
既に機能しているものは薄緑で網掛けされ、動いてないものは白で表示されています。

13-05


例えば薄緑で表示されている処にカーソルを合わせると「停止」と表示されます。
逆に白で表示されている処にカーソルを合わせると「有効化」と表示されます。

13-06


有効化したい場合、「有効化」をクリックすると、下図のように表示が変わります。

13-07


有効無効の切り替えはいつでも行うことができます。

13-08


例えば「Jetpackコメント」にカーソルを合わせ、「設定」をクリックしてみます。

13-09


すると画面が推移して、該当する設定画面に移ります。
そこで自分の好みに合った設定を行うことができます。

パブリサイズの共有
(記事投稿時にFacebook/Twitter/Google+と自動共有)

パブリサイズの共有では2つの機能があります。
1.ブログと色々なSNSと連携し、記事が投稿されたら自動的に共有できる
2.色々なSNSの共有ボタンの設置
この2つです。
1つずつ説明します。

1.ブログと色々なSNSと連携し、記事が投稿されたら自動的に共有できる

13-10


左メニュー「設定」>「共有」を選択します。

13-11


すると上図のように画面が推移しますので、連携したいSNSを選択し、右横にある「連携」ボタンをクリックします。
今回は例としてTwitterと連携してみます。
Twitter横の「連携」ボタンをクリックします。

13-12


すると、Twitterのアカウントを要求してきますので、お持ちのアカウント情報を入力し、「連携アプリを認証」ボタンをクリックします。

13-13


連携完了しました。
よろしければ、画面下にある「変更を保存」ボタンをクリックします。

13-14


では試しに記事をブログから投稿してTwitterに反映するか試してみましょう。

13-15


右側にTwitterと連携している事がわかります。
では、「公開」ボタンを押してみましょう。

13-16


記事のタイトルと記事へのリンクがツイートされたのが確認できます。

2.色々なSNSの共有ボタンの設置

次に色々なSNSの共有ボタンを設置する機能について説明します。
先ほどの共有設定画面を少し下にスクロールすると下図のような画面になります。

13-17


利用可能なサービスに並んでいる各サービスからボタンを表示したいサービスを有効化済みのサービスのエリアにドラッグアンドドロップします。

13-18


サービスが決まったら、そのボタンをブログのどこに表示したいか設定します。

13-19


今回はフロントページ、アーカイブページ、検索結果ページと投稿ページを指定しました。この設定で良ければ「変更を保存」ボタンをクリックします。

13-20


正常に表示されました。

Jetpackを使ってWordpressをソーシャルメディアと連携する設定方法です。
この他にも、多くの機能がありますので、これいいなと思う機能があれば有効化し、こういうのないかな?と思う機能があるかどうか、一覧から確認してみましょう。

ちなみに、我々がよく使うのが・・・

サイト統計情報の表示

です。
簡単なアクセス解析を見ることができます。

見方はとても簡単です。
左メニューの「Jetpack」>「サイト統計情報」をクリックするだけです。

13-21


毎日、詳細なGoogle Analyticsなどを見るのが最高です。
でも、忙しいコンサルタントにそれは現実的には不可能でしょう。

なので、ブログをアップするついでに、ちょっと除くクセをつけましょう。

どんなキーワードで検索されて入ってくるのかもわかりますし、アクセス数が伸びているということを確認することで、ブログを書き続けるモチベーションにもなります。
ぜひ活用してください。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です