2015年7月22日

男性社会で、女性がキャリアアップするための方法

女性キャリアアップイメージ画像

女性の社会進出が進んできたとはいえ、まだまだ業界や会社によっては男社会です。そんな中、女性がキャリアアップを目指すにはどんなことに気を配ればよいのでしょうか。

 

男性社会で女性がキャリアアップし、生き抜くための方法をご紹介します。

レスポンスを早くする

男性は結論や結果を求めています。できるかできないかを問われたら、現在の状況や条件、理由などを話す前に、YES、NOをまずは伝えましょう。白黒をはっきりした後に、他に伝えないことがあれば、言い添えることがあれば伝えるようにします。

感情的にならない

女性が感情的になってしまうと、「ヒステリー」と受け取られがちです。反射で話してしまうことは慎み、感情を抑えて落ち着いたトーンで話すようにしましょう。男性でも感情的になる人はいますが、仕事ができる人は声を激昂して声を荒げることはしません。感情的になってしまうことは、周囲に幼稚な印象を持たれます。

仕事中に泣かない

仕事中に女性が泣いてしまうことがあるのは、ホルモンバランスの影響もあるかもしれませんが、人前では嬉し涙以外は見せないようにしましょう。泣いてしまうと、「これだから女は」と言われ兼ねません。男性で仕事で泣く人は滅多にいませんので、男女差別ではなく、女性特有のものです。

会社で泣くのはが案し、思いっきり泣くのは家に帰ってからにしましょう。

笑顔を忘れない

「女性は愛嬌」といわれるのは、不本意を思うかもしれませんが、笑顔でいた方が、仕事がスムーズに運びやすいのは事実です。不愛想な女性よりも、笑顔で愛嬌のよい女性に頼まれた方が、男性は悪い気はしないものです。笑顔は社内営業のようなものですので、仕事のうちと割り切りましょう。

同性のやっかみを気にしない

女性の中にはキャリアアップも目指す人もいれば、仕事は結婚までのものとして、現状でよしとする人もいます。キャリアアップを目指しても上手くいかない人もいるでしょう。

そんな女性同士の中では、成果を上げていると妬みを買うこともあるかもしれません。しかし、つまらない愚痴に付き合っている暇はないと割り切りましょう。女性の足を引っ張るんは女性といった場合もありますが、キャリアアップを目指さない人と同じ土俵にのることはないのです。

最後に

まだまだ、女性が正当に評価されて、男性と同様にキャリアアップしていくのは難しい時代です。仕事で結果を出して信頼を得ていけば、女だからとは徐々にいわれなくなっていくでしょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です