SEOの第一歩、Googleウェブマスターツールの設定方法

64

Googleウェブマスターツールの設定方法について解説します。

Googleウェブマスターツールとは

GoogleウェブマスターツールとはGoogleが無料で提供している自社のウェブサイトの分析ツールです。

・サイトにクローラー(検索エンジン)を呼ぶことができ検索結果により早く掲載されるようになる
・どんなキーワードで表示されているか(=検索クエリ)が分かる
・表示されている検索クエリから、どれぐらいクリックされたかクリック率がわかる
・どのページの流入が多いか、どんなキーワードの流入が多いかがわかる
・自分のサイトに向けられている外部リンクやサイト内の内部リンクが把握できる
などの機能を持ちます。

また、Googleがどれくらい自分のサイトを評価しているのか、問題がある場合の対策方法などを知ることができます。

Googleからの流入を目指す我々コンサルタントにとっては全員が登録すべきページ、と言えます。
今回はその設定方法です。

ウェブマスターツールにログインする

15-01


https://www.google.com/webmasters/にアクセスすると上図のような画面が表示されるので、「ウェブマスターツールにログイン」ボタンをクリックします。
ログインが完了すると次のような画面になります。

15-02


ログイン完了です。

サイトを登録する

次にサイトを登録します。

15-03


登録したいサイトのドメイン名を「www.」をつけた状態で入力し、「サイトを追加」ボタンをクリックします。

所有者確認

登録するサイトの所有者確認の方法について解説します。
「サイトを追加」ボタンをクリックすると、下図の画面に推移します。

15-04


「おすすめの方法」と「別の方法」という2つのタブがあるのがわかります。
おすすめの方法はご覧の通り、HTMLファイルをこのページからダウンロードし、登録したいサイトがアップロードされてるサーバーのルートディレクトリにアップロードする方法です。

ちなみに別の方法タブをクリックすると下図の画面に推移します。

15-05


今回はHTMLファイルによる所有者の確認方法について解説します。

15-06


「HTML確認ファイル」の部分をクリックすると「ファイルを保存」のダイアログが表示されるので、ご自分のPCの分かりやすいところにファイルを保存して下さい。

15-07
15-08


FTPソフトでダウンロードしたファイルを登録したいサイトのルートにアップロードします。

15-09


上記の文言の「http://www.~.html」のリンクをクリックします。

15-10


上図のように表示されます。

15-11


確認ボタンをクリックします。

15-12

所有者の確認が完了しました。

以上がGoogleウェブマスターツールの設定方法です。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です