2015年6月23日

相手のウイークポイントを知り、相手を傷つけない方法

ウィークポイントイメージ画像


誰にでも弱点やコンプレックスがあり、それに触れると自分の印象が悪くなってしまいます。この記事では、相手のウイークポイントに触れない方法をご紹介します。

相手がウイークポイントを話題にしたとき

相手のウイークポイントに触れない方法は、まずそれを知るところから始まり、そのヒントは相手の発言のなかにあります。相手が自分のウイークポイントを自ら話題にしているときも、こちらも一緒になって話すのが良いケースばかりではありません。

相手が自分に対して、良い解決策を知っていたら教えてほしいなど、相談に乗ってほしいと思って話しているのであれば、話題にして構いませんが、ふと愚痴が口をついて出てしまったような場合に、深く突っ込まれたり、話を展開されたりすると、相手の気分を害してしまうことがあります。

相手がウイークポイントを自虐ネタにしている場合でも、本人はコンプレックスをもっているかもしれないので、こちらからツッコミを入れるのはやめましょう。

自分の話が、相手のウイークポイントになっていないか(見出し2)

自分の話をしているつもりでも、相手が同じコンプレックスをもっていることもあります。同じ悩みをもっている人どうし親しみを感じることもありますが、相手の機嫌が悪くなってしまうこともあります。

たとえば、雑談として、「最近年のせいかどうも・・・」など、加齢現象に関する話題をぼやいたとしても、相手のほうが年上でもっと気にしている場合は、嫌味に聞こえることがあります。

相手から見れば、「あなたがそうなら、自分はどうなるのだ」と思われてしまいます。

ウイークポイントになりそうな話題を避ける

相手のウイークポイントが分からないときや、うっかり相手のウイークポイントに触れてしまいがちな方は、プライベート性が高い話題や、多くの人がコンプレックスをもっているような話題を避けると無難です。

相手が同じぐらい気にしていることについて、こちらが言ってしまったとき、あまり気にしない人と、気にしていつまでも覚えている人がいます。

以前、こちらの発言に反応して動きが止まったことがあるなど、態度に表れる相手方は、こちらの発言に敏感な可能性があります。

終わりに

これらはビジネス以外ウイークポイントに関してのことで、経営のウイークポイントについては、よく知って分析し、改善の提案をするのがコンサルタントの仕事です。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です