仕事の無駄を省く、仕事が出来るヒトの思考パターン

仕事の無駄イメージ画像

仕事ができる人は余計なことに時間をかけず、仕事の無駄がありません。必要とされることにだけ注力して業務を進めています。そんな仕事ができる人の思考パターンをご紹介します。

 

 

必要なことだけを見極める

幅広いことに見聞を広めることも大切ですが、あらゆることに手を広げ過ぎると、業務の効率が悪くなります。本当に必要とされる業務に注力し、余裕のあるときに付随する業務まで手を掛けるようにしましょう。

今求められていることが何であるか、仕事ができる人がわかっているのです。

自分の能力を正当に評価している

仕事ができる人は、自分の能力を過小評価も過大評価もせず、正当に評価しています。ある程度自分に自信がなければプライドを持って仕事をすることはできません。自分の能力をわかっているからこそ、自分でやるべき仕事、他者に依頼するべき仕事の見極めもできます。

周囲からの評価も参考に、自分を客観視する目を持ちましょう。

目的を意識している

仕事は常に何のためにする仕事か、目的=ゴールを意識しておくことが大切です。目的がわかっていれば、トラブルに見舞われた際には、業務の代替手段や改善方法がおのずと見えてきます。仕事が本筋から脱線することなく進められ、不要な業務も判断できます。

ただやみくもに仕事量をこなしているだけでは、仕事ができる人にはなれないのです。

時間を守る

納期を守る、約束の時間を守る人はスケジュール管理ができているだけではなく、PDCAサイクルを時間の配分を踏まえた上で実行できている人です。納期を守るためには、「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」「Action(改善)」をスケジュール立てて進めていくようにしましょう。

また、仕事のできる人は、仕事の大小や相手を問わず、時間を守ります。相手の立場によらず、他者の時間も大切に考えているのです。例えば、客先や上司との時間や納期は守り、後輩や業者にはルーズといった人は、相手を見る人とまわりから捉えられて信用されにくくなります。

考えてから発言する

条件反射で安易な発言をせず、考えてから発言をすることで、思慮深い人という印象を与えます。不快に思う発言を受けても、けして感情的にならずに言葉を選んで反論します。すぐに激昂し感情のコントロールができないようでは、仕事ができる人にはなれないのです。

最後に

仕事ができる人の思考パターンの中には、すぐに取り入れやすいものもあります。今日からの業務に取り入れ、仕事の無駄を省いていきましょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です