2014年9月1日

ユニークセリングポイントを簡単に作る2つの要素

69

あなたもセールスポイントを作る重要性
についてはすでにご存知だと思います。

「セールスポイントって?」と疑問に感じたとしても、
「USP」や「独自のウリ」と言われると、あぁと
納得してもらえるのではないでしょうか。

セールスポイントは、競合がいるなかで
いかに差別化をして自分を選んでもらうか?
の基準を作るのにとても重要です。

しかし、もしかするとあなたも以下のような
悩みを抱えているかもしれません。

セールスポイントがなかなか作れない・・・

それは、
「まだ目立った実績もなく、
なかなかセールスポイントが作れない」

ということです。

そこで、今回お伝えするのが簡単に
セールスポイントを作る2つの要素です。

これを押さえるだけで、競合から頭ひとつ
抜け出るようなセールスポイントを作ることができます。

セールスポイントを簡単に作る2つの要素
その1:誰を対象にするのか?を入れる

私を例にしてお話すると、
私は経営コンサルタントです。

そして、世の中には多くの経営コンサルタントがいます。

ここで、「私は経営コンサルタントです」と
言ってしまうと、どうしてもその他大勢の中の1人
となってしまい、セールスポイントが弱くなります。

「コンサルティングビジネスをされている方
向けに特化した経営コンサルタントです」

となれば、コンサルティングビジネスをされる方にとってみれば、
私のための経営コンサルタントだ、と感じてくれるというワケです。

これによって、他の経営コンサルタントと
比べると明らかな違いが生まれます。

たしかに、「対象以外の見込み客」からは
全く興味を持たれなくなります。

反対に、「対象となる見込み客」には
強烈な魅力・セールスポイント
になります。

そして、次の要素を入れることで、
さらに強力なセールスポイントを作ることができます。

セールスポイントを簡単に作る2つの要素
その2:ベネフィットを2つ以上掛け合わせる

対象客を絞ったあと、さらにクライアントの
ベネフィットになるものを2つ組み合わせてください。

「ベネフィット=お客さんが得られるもの」
とこの場では定義します。

例えば、普通の経営コンサルタントは
「売上をアップしますよ」くらいしか言いません。

ですが、私の場合は
「働く時間を減らしながら(ベネフィット1)
売上をアップする(ベネフィット2)」

と言っています。

こうすることで、
競合と差をつけるセールスポイントを作ることができます。

他業種のコンサルタントでも、
ベネフィットを1つしか入れない方がほとんどです。

「痩せる」としか言わないダイエットコンサルタント
「モテる」としか言わない恋愛コンサルタント
「集客できる」としか言わない集客コンサルタント

このように、ベネフィットが1つだけだと
なかなか競合と差はつけられません。

ですから、
「食べないで痩せる」
「外見を変える努力をしないでモテる」
「クチコミだけで集客できる」

のように、2つ以上のベネフィットを掛け合わせてください。

この2つの要素を加えるだけで、
非常に強力なセールスポイントを作ることができます。

さらにこれらは、実績に乏しい状況でもすぐ簡単に作れます。

もちろん、セールスポイントを強化する方法は
まだまだあるわけですが、まずは基礎とも言える
この2つに取り組んでみて下さい。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です