仕事で行き詰るのを見事に克服する方法

仕事行き詰るイメージ画像

仕事はいつでもスムーズに進行していくわけではなく、ときには思わぬ障壁に見舞われ、仕事が行き詰まり、先が見えてこないこともあります。

そのようなとき、どのように考えて対処するべきかをご紹介します。

 

仕事を整理する

行き詰った仕事があるときには、他の仕事も滞らせてしまうことに注意したいものです。一度冷静になって、他の業務に支障をきたしていないか見直してみましょう。自分で早急に取り組むべき仕事、他の人に頼む仕事、先延ばししても問題のない仕事に分けて、全体の業務スケジュールに支障がないようにします。

その後、早急に処理しておくべき仕事を先に進めていると、行き詰った仕事の打開策が見えてくることもあります。アイディアが浮かばないときは、そのまま長時間考えていても時間の無駄にもなりがちですので、先に他の仕事をこなしてしまうようにしましょう。

早めに退社する

仕事が行き詰っているときは、既に疲労が溜まって新たなアイディアが浮かびにくくなっていることが多い。そんなときは、思い切って早めに帰宅して休養をとり、翌日早めに出社しましょう。早朝の人の少ない時間は集中しやすく、また、一度身体を休めたことで仕事がはかどりやすくなります。

1人で完璧を目指さない

完璧なものを目指すのはよいことですが、いきなり高いハードルを自分に対して設定するのではなく、徐々に完成度を高めていくようにしましょう。例えば、プレゼン資料を作成する場合、締切りギリギリまで1人で抱え込むのではなく、段階ごとに上司に進捗報告をする、同僚に意見を求めるなど、

周囲の意見も取り入れましょう。1人で完璧を目指すと、精神的に追い込まれやすいだけではなく、客観的な視点を持ちづらくなります。同様に仕事が行き詰ったときも、人に相談することで、新たな視点で物事が考えられ、打開策が見いだせることもあります。ときには、人を頼ることも大切です。

失敗を受け入れる

どんなに頑張っても、状況が打破できないこともあります。そんなときに、もがくことで状況をさらに悪化させることは、避けるべき事態です。失敗を受け入れ、どこまでリカバリーできるか考えてみましょう。全力を尽くしたうえで反省することによって、そのときはマイナスであっても、次にはプラスとなって繋がっていきます。

最後に

仕事は行き詰ったときにこそ、その人の真価、仕事力が問われるものです。冷静にまわりを見ることを忘れずに対処していきましょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です