2015年9月10日

クライアントの成果を上げる中小企業コンサルタント

中小企業コンサルタント

中小企業コンサルタントとは、中小企業が経営問題を改善し、経営の目標達成を目指すための助言を行う仕事です。企業経営とその診断に関する詳しい知識をもっていることに加え、中小企業に特化していることが特徴です。

この記事では、クライアントの成果を上げる中小企業コンサルタントの特徴についてご説明します。

クライアントの成果を上げる中小企業コンサルタントの特徴とは?

中小企業の組織に詳しい

中小企業とは、製造業の場合、資本金が3億円以下または常時使用する従業員数が300人以下ですが、小売業・サービス業の場合、資本金が5000万円以下の会社または常勤の従業員が50人以下(小売業)または100人以下(サービス業)の会社を指します。

企業規模によって置かなければいけない機関(取締役など)が異なるだけではなく、小規模な会社ほど部の構成がシンプルになります。

経営と財務を改善する

中小企業には債務超過の会社がたくさんあり、そうではない会社でも、財務状況を堅固なものにしていくことが重要です。そのために、中小企業の財務状況を分析し、キャッシュフローを改善する提案などを行います。

成長戦略をたてる

中小企業の多くは規模の拡大を目指しているので、中小企業コンサルタントはその手段に詳しいことも特徴です。経営計画を立て、売上・利益を伸ばしてコストを抑える具体的な方法を提案し、実行を支援します。

中小企業は大きな組織より、新商品の開発や新システムの導入を機動的に行える場合もあります。

中小企業に関する制度に詳しい

中小企業は、知名度がある企業と比べて融資が受けるのが難しい傾向にあります。その点中小企業コンサルタントは、補助金、融資、税制などに関して、中小企業が利用できる制度をよく知っています。

これらの制度には一般に広く知られていないものがあり、要件や内容を理解するのが難しいところがあるので、活用できるものがあればアドバイスします。

次の世代へ引き継がせる

中小企業経営者は会社を他社へ引き継がせたいと考えていますが、後継者が見つからない企業もいます。中小企業コンサルタントは、そのお手伝いをすることもあります。

最後に

組織が小さいため、営業、経営、人事など、会社全体の問題をまとめて中小企業コンサルタントに相談し、診断・解決を目指す傾向があります。得意な業種や分野をつくりながら、企業全体の状況が理解できるようにしておきましょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です