関連記事を表示するプラグインWordPress Related Postsの設定方法

57

今回はWordpressで作成したコンテンツの下部に関連記事を自動的に表示してくれるプラグインである「Related Posts」の設定方法について解説します。

下記のように関連記事を記事の下に表示してくれることによって、閲覧者を別の記事に誘導することが可能になり、閲覧数を増やすことができます。
その結果サイト自体のアクセス数もアップするという効果を期待できます。

04-01

Related Postsのインストールと有効化の方法

「Related Posts」のインストールと有効化については「WordPressプラグインのインストールの3つの方法と有効化の方法」をご覧ください。

記事内の3つのやり方のうちパターン2のやり方で可能です。

Related Postsの使い方(設定)

これからRelated Postsの使い方と設定方法です。

04-02


「有効化しました」メッセージの上にある文言の中の「Settings」というリンクをクリックします。
そうするとRelated Postsの設定画面に移ります。

04-03


それぞれのメニューの解説をすると・・・

1.Subscribe to news and activity reports
Related Postsの最新情報や更新レポートなどの情報をメールで受け取ることができる機能です。

2.Basic settings
基本的な設定を行います。

3.Advanced settings
高度な設定を行います。

4.About related posts
Related Postsの解説動画です。ただし、英語です。

それぞれの設定について説明していきましょう。

1.Subscribe to news and activity reports

04-04


もし、Related Postsの最新情報や更新レポートなどの情報が欲しければ
赤枠に受け取りたいメールアドレスを入力し、「Subscribe」ボタンをクリックすればこのプラグインの最新情報を受け取ることができます。
ただし英語です。

2.Basic settings

04-05


1.Related Posts Title:関連記事の見出しを入力する欄です。「関連記事」だとか「今回の内容に関連する記事」というような文言でいいでしょう。

2.Number of Posts:関連記事の表示件数を▲▼ボタンで選択するか、半角英数字で直接入力することができます。ブログの幅によっても違いますが、「5」以内が適当です。
次のAdvanced settingsが完了後、デザインを見ながら調整しましょう。

3.Advanced settings

3-1.Themes

04-06


「Enable Themes」のチェックボックスにチェックが入っている(初期値はチェックあり)と、その下に「Layout」が表示されて、ラジオボタンで好きなデザインを選択することができます。
ちなみに「Enable Themes」のチェックボックスのチェックを外すと下図のようになります。

04-07


3-2.Layout

レイアウトのデザインは全部で8個あります。
各レイアウトのデザインは以下の通りです。

1.Momma
カーソルが上に来たら色が変わる

04-08


2.Modern
縦1列に並ぶ

04-09


3.Vertical(Large)
大きいサムネイル画像

04-10


4. Vertical(Medium)
中くらいのサムネイル画像

04-11


5. Vertical(Small)
小さいサムネイル画像

04-12


6. Pinterest Inspired
写真共有サイト「Pinterest」のように表示

04-13


7.Two Columns
2カラムで表示

04-14


8.Pain(your own css)
文字のみで表示

04-15


コンサル大学では現在4. Vertical(Medium)を使用しています。
デザインに合わせて使ってください。

以上が関連記事を表示するWordpress(ワードプレス)のプラグインRelated Postsの設定方法です。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です