コンサルタントの読書術で、クライアントの成果を上げる

コンサルタントの読書術

コンサルタントの仕事は経営に対する助言など専門的な内容なので、書籍にしかない情報もあります。そこでこの記事では、クライアントの成果を上げるコンサルタントの読書術をご紹介します。

 

クライアントの成果を上げるコンサルタントの読書術

会社の経営は多角的に分析し考えるので、コンサルタント業務に必要な情報をひととおり把握していなければなりません。そこでコンサルタントの読書術は、色々なジャンルの本を読むと良いでしょう。コンサルティング業界、経営戦略、財務会計、マーケティング、プレゼンテーション、

コンサルティングスキル、事業再編、ベンチャーなどのカテゴリが役立ちます。そのなかから、ここでは経営戦略やコンサルティングスキルに関する書籍をご紹介します。

『この1冊ですべてわかる 経営戦略の基本』日本実業出版社 2008年11月発行 1620円

環境分析(PEST、3C、SWOT、VRIOなど))、ポーターの基本戦略、コトラーの競争地位戦略、戦略策定(PPMや成長ベクトル)、組織づくりなど、経営戦略の要点を学べます。

『コンサルタントのフレームワーク―経営診断の基本的な手法を身につける!』同友館  2010年12月発行 2160円

キャッシュフローの把握や損益分岐点の計算など、経営診断の手法をひととおり理解できて実践的です。

『コンサル一年目が学ぶこと』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014年7月発行 1620円

外資系ファームや独立コンサルタントなど、色々な方面で活躍している方を取材し、重要なスキルを30個挙げています。「話す技術」、「思考術」、「デスクワーク術」、「ビジネスマインド」の4分野のスキルについて書かれています。

『パラダイムの魅力』、日経BP社 2014年4月発行 1512円

著者はジョエル・パーカー氏で、内田和成氏がバイブルとして戦略を考えるときに繰り返し読んできたという本です。パラダムとは認識や考え方のことで、このパラダイムが急激に変化することを「パラダイムシフト」といいます。

パラダイムの概念を理解できれば、将来を予測する力が向上するということが書籍の背景にあります。この書籍には、パラダイムが有効に機能しないときや、パラダイムシフトに対応する方法が、具体例とともに記述されています。

最後に

知識などはコンサルティングに共通していますが、仕事の進め方は業務内容や会社によって違うので、当てはまる部分を採用しアレンジして活用ください。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です