自分のモチベーションをコントロールするときに注意すること

モチベーション コントロール


大量の仕事を抱えているときや納期が迫っているとき、業務をこなさなければならないの に、日々や気が起きず、モチベーションが 上がらず困ることはありませんか。あるいは、悩んでいる人もいるかもしれ、ません。そこで、モチベーションをコントロールするコツをご紹介します。

 

結果を出す人はモチベーションが高い

モチベーションがなくても、ある程度は仕事をこなすことはできます。しかし、営業成績
がトップクラスに入るなど、高い実績を上げている人はモチベーションを高く保っていま
す。モチベーションをコントロールし、高めの状態をキープすることが仕事の結果につな
がっていくのです。

モチベーションが下がる要因と上がる要因を考える

人によってモチベーションが上がる要因と下がる要因は異なります。共に仕事をする人に
左右されやすい人もいれば、プライベートでの出来事が仕事に影響しやすい人もいます。
重大なプロジェクトのメンバーに抜擢された、自分の経験が活かせる業務に関われたとい
ったことがモチベーションに繋がる人もいるでしょう。

これまでの仕事を振り返り、モチベーションが上がったときと下がったとき、それぞれに
要因として何があったのか考えていくと、モチベーションを保つ方法がみいだしやすくな
ります。

何が問題か考える

仕事に対してモチベーションが上がらないときは、何か問題になっていることが多い。
問題となっていることが気になっていると、業務には邁進しにくい心理状態となりがちで
す。問題となっていることは何か、どうあるべきなのか考えたうえで、解決のために自分
ができることを把握することで、モチベーションを保てない障害を取り除いていきましょ
う。

達成可能な目標を立てる

達成するのが難しい目標や、達成まで数年かかる目標ではモチベーションを保ち続けるの
が難しくなりがちです。反面簡単に達成できるような目標では、やる気は起きないでしょ
う。

目標設定は難し過ぎず、やさしすぎないものとするのがコツです。高い目標を立てるとき
には、目標を細分化し段階的にクリアできる目標を立てていくことで、モチベーションを
保ちやすくなります。

最後に

モチベーションを維持することで、効率よく仕事の成果が上がりやすくなります。やる気
があって行う仕事と、ただこなすだけの仕事では同じ結果は生まれません。モチベーショ
ンがなく仕事にやる気が起きないときは、モチベーションを維持する方法について考えて
みましょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です