2015年6月10日

トップコンサルタントを目指すためにコミュニケーション能力を高める方法

コミュニケーション能力を高める


クライアントの要望を聞き取ってご提案するなど、コンサルタントにはコミュニケーション能力が必要です。今回は、コミュニケーション能力を高める方法をご紹介します。


誰よりもコミュニケーション能力を高める4つの方法

伝えるべきことは明確に表現する

こちらから伝えることは、簡潔で明確に伝えましょう。また、相手の要望や意見を聞いて、はっきり分かりにくいところがあったら、質問しましょう。何となく分かったというまま放置して、誤解していると困ります。

まめに相手のことを気遣う

こちらが説明して、相手が理解できていない様子だったら、どの点が理解できなかったのが尋ねてみましょう。考えていることが表情から分かるわけではないので、表情を見て決めつけて行動するより、相手の状況を尋ねたほうが適切な対応ができるうえ、相手にこちらが気遣っていることが伝わります。

自分から話す

プライベートで親しい間柄では、聞くより話したいという方もいると思いますが、一定の距離がある関係では、相手のことを話さず、自分に対してばかり質問されると不愉快になるのではないでしょうか。

会話を進めるために、自分が話してから相手のことを質問してみるというキャッチボールが大切です。ただし、自分がある程度話しても相手があまり乗り気ではない場合は、自分ばかり話し続けるのではなく、話題を変えるのが無難です。

穏やかな表情を作る

一生懸命説明しているときは、表情にまで気を配る余裕がなく、自分が思っているより怖い表情をしていることがあります。怖い表情をしていると相手との距離が縮まりにくいので、話している途中にそんな余裕はないという方は、ひとまとまり話し終えたときの合間に柔らかい表情を心がけましょう。

自分が仕事中にどんな顔をして話しているのかは見るのが難しいですが、親しい人に聞いてみるとか、鏡の前で文を読み上げてみるなどして参考にしてください。普段から穏やかな表情を心がけるのも有効です。


終わりに

コミュニケーション能力を高める方法として色々なテクニックを聞いたことがあると思いますが、効果的かどうかはケースバイケースです。使うシチュエーションによっては、逆効果になることもあるので、自信がない方は、自然に話したほうが良いかもしれません。


まめに相手を気遣う気持ちを伝えると、コミュニケーションが円滑になります。

 

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です