フリーランスとして成功するために必要な4つの仕事術

フリーランス仕事術イメージ画像



コンサルタントには、独立して事業をしている人と企業で働いている人がいます。今回は、フリーランスのメリット・デメリットから、コンサルタントとして成功するための仕事術をご紹介します。


コンサルタントとして独立するメリット・デメリット

コンサルタントとして独立するメリットは、自分で案件を選ぶことができるので、モチベーションが上がり、得意分野を生かせることです。また、事業で生じた利益は自分のものとなり、上司の評価は影響しません。

その反面、フリーランスは、人によって所得や人的ネットワークに大きな開きが生じます。また、いつも一定の仕事がくるわけではないので、収入や資金繰りが不安定になることがあります。

仕事術

実績を作り知名度を上げる

ホームページやクラウドソーシングを使って実績を作って知名度を上げ、新規クライアントを増やしていきましょう。ホームページでは業務内容が明確にすることが重要です。

FacebookなどのSNSもよく活用されていて、メルマガを発行している方もいます。

得意分野を作る

コンサルティングには経営、人事、生産、小売などの分野があり、内容がかなり異なるので、その部門に詳しいとなると仕事をもらいやすくなります。また、医療経営など、特定の業種に特化したコンサルティングも行われていて、業界に詳しいということで注目されやすくなります。

仕事の対象とする部門や業種を絞るのであれば、一定以上のニーズがあるものを選びましょう。

要領よくスピーディーに仕事をこなす

フリーランスは、経理、従業員管理、一般事務など、様々な作業が自分の監督下に置かれるので、バランスよくスピーディーにこなさなければなりません。従業員を雇うほどではないが、自分で行うには手が回らない場合は、サービスや外注を検討してみましょう。

たとえば、経理・会計、書類作成、給与計算などのオンラインサービスや、事務作業の発注を検討してみると良いでしょう。

交流を広める

クライアントだけではなく、一緒に仕事を進める仲間も大切です。自分の知識も広まるので、勉強会や研修会にも積極的に参加すると良いでしょう。

名刺交換だけで終わってしまうのではなく、交流を続けるきっかけを作ってみてください。


独立してすぐは、知名度や実績が少ないため、依頼が安定しにくいこともあります。あなたが今まで培ってきた実績(キャリア)を信じ、独立を決意した強い想いを忘れずに、辛い時期を乗り切ってください。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です