2015年6月19日

クライアントから高評価、明日から使える表現力が豊かに感じる言葉

表現力言葉イメージ画像


表現力が豊かだと、クライアントに対して正確にコミュニケーションでき、コンサルタントとして適切なアドバイスができます。この記事では、表現力が豊かに感じる話し方をご紹介します。

ボキャブラリを増やし、言葉の意味を正確に知る

日常よく見聞きする平易な言葉の意味はなるべく多く、正確に知っておくと、細かいニュアンスを伝えることができます。

そうはいっても、言葉の意味だけ学習しようとしても、退屈してしまいますね。似た言葉が示す範囲の違いや、使われるシチュエーションの違いに興味をもって、使うときに調べてみると記憶に残り、言葉の使い分けができるようになります。

よく見聞きする言葉を使う

難しい言葉を使っても、相手が意味を知らなければ伝わりませんから、難解な言葉を学習する必要はありません。むしろ、多くの人が知らなさそうな難解な言葉を使うと、伝達のためではなく自慢していると思われてしまいます。

ただし、重要な専門用語は、説明を加えながら使ったほうが分かりやすいでしょう。専門用語だらけでは相手が理解するのが大変ですが、少しの量で、今後も使いそうなキーワードであれば、クライアントの理解に役立ち、今後の話もスムーズに伝わります。

感じがいい、うまいと思った表現を取り入れる

あいづち、返事、お願い、質問の仕方などについては、感じが良いと思った言い方を取り入れましょう。また、「あいにく」や「恐れ入りますが」などのクッション言葉を使うと、簡潔にこちらが配慮していることが伝わるとともに、心構えができるので、当たりが柔らかく聞こえます。

相手の言ったことを否定しなければならないときは、相手の言っていることを正しく理解したことを表現してから結論を伝えたほうが、納得してもらいやすくなります。

また、相手の発言に誤解があるときは、訂正したほうが親切です。必要になったときに指摘すると、なぜ最初に言わなかったのかということにもなりかねません。

誤りではないけれど受け入れられないときは、「そのような意見もありますが」のような言い方もできます。


終わりに

表現力が豊かだと、こちらが言いたいことを正確に伝えられるだけではなく、クライアントの意向を聞き取るのもうまくなります。

相手がうまく言葉で表現できていないときでも、「それはこういうことでしょうか」と聞くことができ、相手の表現力に関わらず円滑にコミュニケーションできます。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です