2014年9月28日

起業スキルを上げる金持ち父さん貧乏父さんの正しい読み方

73

『金持ち父さん貧乏父さん』
という本を読んだことはありますか?

私のもとには、「起業したいです」と
相談に来られる方が多くいます。

彼らの話を聞いてみると、金持ち父さん貧乏父さんに
強く影響を受けたので起業したい、という方が少なくありません。

また実際に、金持ち父さん貧乏父さんに
影響を受けて起業をした、お金のことを勉強
するようになった、という方も大勢知っています。

私自身も、大学生の頃にはじめて読み、たくさんの学びを得ました。
そして、最近改めて読み返してみましたが、
今もなお付箋をたくさん貼ってしまうくらい学びの多い本です。

金持ち父さん貧乏父さんの秀逸なコンセプト

多くの起業志望者、起業家、投資家に影響を与えている
金持ち父さん貧乏父さんですが、その理由は
「お金を稼ぐために働く」ではなく、
「お金に働かせてお金を稼ぐ」というコンセプトを軸に
書かれている本だからでしょう。

これは、自分の時間を増やしながらお金も増やして
いくには秀逸なアイデアであることは間違いありません。

さらに発刊当時は、そんなことを言う著者はいませんでした。

しかし、「お金に働かせてお金を稼ぐ」
というコンセプトを、浅い理解のまま鵜呑みに
してしまっている人が特に起業準備中の方に非常に多いです。

起業前の人が読んで間違うプロセス

具体的にいうと、自分には稼ぐスキルなどが
ないにも関わらず、最初からお金を働かせて
稼ぎたいという考えが先行しています。

ですが、このプロセスは間違いです。

正しいプロセスは、
1.起業に必要なスキルを学ぶ
2.実際に起業して成功をする
3.その後に、お金がお金を生む施策をする

です。

『金持ち父さん貧乏父さん』の著者
ロバートキヨサキの経歴

事実、著者のロバートキヨサキもいきなり
投資家としてキャリアを積み始めたワケではありません。

まずは、リーダーシップやマネジメントのスキルを
身につけるために海兵隊に入隊しました。

そして、次にセールスのスキルを身につけるために
ゼロックス社に入社し、セールスを学んでいます。

その後、起業をして一財産を築き、投資家への
道を歩み出す、という先述したプロセスを着実に
経て引退、という成功を手にしています。

このような正しいプロセスを経ず、一足飛びで成功を狙う方の
中には「マルチレベルマーケティング」を始める方がいます。

もちろん、マルチ~を否定するつもりはありませんし、
セールススキルを身につけたい!という確固たる意志
があればそれでいいのですが、多くの人は違います。

ほとんどの人は、自分の下に営業マンをつけることで、
自分が営業しなくても売上、収入が発生すること
を主目的
として行っています。

つまり、楽して稼ぐというのがマルチをやる
一番の理由になっているということです。

一足飛びでお金持ちになろうとしても、最後は
必ずどこかであなたのビジネスにガタが来てしまいます。

ですから、大事なことなので繰り返しますが、
金持ち父さん貧乏父さんのコンセプトをあなたの
生活に取り入れるためには、まずは以下のプロセスが
正しい順番であることを強く理解しておいてください。

1.起業に必要なスキルを学ぶ
2.実際に起業して成功をする
3.その後に、お金がお金を生む施策をする

すごく当たり前のことですし、あなたも
「そんなことはわかってる!」と感じているかもしれません。

ですが、いざ行動となると誤ったプロセスを
経てしまっている場合もありますので、注意しながら
ビジネスを進めていってください。

プロセス1から2の段階に行くまでの苦労は、
必ず誰しもが通る道ですので、まずはそこをクリアすることです。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です