重いワードプレスを軽くして高速化するDB cache reloaded fixの設定方法

60

重くなったWordpressを高速化するプラグインの「DB cache reloaded fix」の設定方法について解説します。

DB cache reloaded fixとは

WordPressで作成されたコンテンツはデータベースに保存されます。コンテンツが増えれば増えるほど、データベースに保存されるデータも当然増えていくわけで、そうなるとWordPressの動きが段々と遅くなっていくことがあります。

今回ご紹介するプラグインの「DB cache reloaded fix」はそのように重くなったWordPressを軽くして高速化してくれるプラグインです。

DB cache reloaded fixのインストール

まずは「DB cache reloaded fix」をWordPressにインストールしなければなりません。
これからプラグインのインストール方法を図入りで解説します。

07-01


左メニューの「プラグイン」の下にある「新規追加」をクリックします。

08-01


赤枠で囲ったところに「DB cache reloaded fix」と入力し、「プラグインの検索」ボタンをクリックします。

08-02


すると一番上に該当プラグインが表示されますので、「いますぐインストール」をクリックします。

07-04


確認してきますので「OK」をクリックします。

08-04


インストール完了画面が表示されましたら「プラグインを有効化」をクリックします。

08-03


これでプラグインが正常に使えるようになりました。

DB cache reloaded fixの設定方法

「DB cache reloaded fix」は有効化しておくだけで機能します。ですので、特に他に設定することはありません。
普段WordPressを使用してて、動作が遅くなったなとか、画面の切り替わりがスムーズじゃなくなったなと感じたら、「DB cache reloaded fix」を導入しましょう。

以上が、重くなったワードプレスを軽くして高速化するDB cache reloaded fixの設定方法です。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です