天才たちの生活習慣に学ぶ!クリエイティブな習慣

クリエイティブな習慣

大きく事業を拡大し成功している経営者は、これまでにないようなクリエイティブな発想で事業を展開しています。そんな天才たちの発想を生む、日常的なクリエイティブな習慣について、ご紹介したいと思います。

 

気になったことはメモにとる

ふとした瞬間に浮かんだアイディアが、大きな事業を起こすきっかけになることもありま
す。天才といわれる人は多くのアイディアが浮かんだ中で、いくつかのものを選んで具現
化しています。

ふと浮かんだアイディアは抽象的ですので、日々の仕事にも追われていく中で、全てを覚
えておくことは難しいはずです。簡単にメモをとっておけば、浮かんだアイディアを思い
出しやすくなります。天才といわれる人たちの多くは、メモ魔でもあるのです。

紙とペンでメモを取っても、スマートフォンのアプリを使って記録しておいてもよいでし
ょう。

朝型の生活をする

天才といわれる人には、3時や4時台に起床していた人が多く存在します。朝の静かな時間
に仕事を始めることで、効率よく作業が進みやすいというメリットが考えられるでしょう。

朝型の生活がクリエイティブな発想を発揮するのに役立つと医学的に証明されているわけ
ではなく、もちろん夜型で成功した人もいます。しかし、朝日を浴びることは、体内時計
をリセットし、自律神経のバランスを整えるのに効果的です。

「早起きは三文の得」ということわざもあるように、朝型の生活は昔からよいとされてい
ます。

散歩の時間をとる

散歩の時間をとることで、軽い運動は自律神経のバランスを整えるとともに、仕事から離
れて考える時間をとることで想像力を養うことができます。

仕事の合間に息抜きとして散歩をするのもいいですし、朝型の生活をして早朝のウォーキ
ングを習慣にしてもよいでしょう。

自分自身にノルマを課す

成功しやすい人は、自分で自分を律することができる人です。クリエイティブな発想とい
うものは、常に自由に過ごしていて生まれるものではありません。自分の仕事量をコント
ロールし、心身ともにつらいときでも逃げずに立ち向かうことが結果に繋がるのです。成
功者ほど、陰では人には見せない地道な努力を続けています。

まずは、1日の作業量のノルマを決めて自分を自制し、着実に毎日こなしていくことから始
めてみましょう。

最後に

天才といわれる人のクリエイティブな習慣は、取り入れやすいものばかりです。自分の生
活習慣を見直し、できることから始めてみましょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です