2015年6月16日

魅力的なコンサルタントに多い、人に好かれるために必要な会話術

会話術イメージ画像

コンサルタントとクライアントの間には信頼関係が必要なので、知識や経験が豊富であることに加え、クライアントに気に入ってもらうことが需要です。

この記事では、人に好かれる会話術をご紹介します。

人に好かれる会話術 

始めに相手に配慮する姿勢を伝える

相手に対する配慮は常に必要ですが、話し初めにそれを見せると、他人に対する心遣いができる人だと分かることで、その後のコミュニケーションが円滑になります。

話し始めに、「お忙しいところ・・・」、「先日は・・・」、「ご足労いただきまして」、「~は大丈夫でしたか?」など、状況にふさわしい心配りを見せましょう。

口角を上げる、眉をひそめない

自然な笑顔は魅力的ですが、売り上げが減少しているなど、笑顔か自然に出てこない話題もあります。無理に笑顔を作って、ニヤニヤしている、ふざけていると思われても困ります。だからといって、険しい表情になると、暗い雰囲気になってしまいます。

そんなときは、少なくとも暗い表情や怖い顔に見えないように、口角を上げる程度がちょうど良いでしょう。また、眉をひそめ眉間にしわを寄せる癖がある方は、不機嫌に見られるので、しないようにしましょう。

有名な会話テクニックは多用しない

ミラーリングなど有名な会話テクニックは皆知っているので、多用すると相手に気づかれます。程度を考えずにテクニックを使っているところに、自分で考えない人だと思われてしまい、それよりは自然に振舞うほうが好印象です。

時間配分を適切に

重要なことほど時間をかけて話すというバランス感覚は、仕事ができる人だと感じさせるものです。

ユーモアは相手に合わせる

お客さまにはユーモアが好きな方もいれば、分からない方もいます。ユーモアの分からない方にユーモアのつもりで話して、不真面目だと思われると困ります。ユーモアは相手の反応が良い場合には有効です。

話題は豊富に

仕事の関係者と、お酒を飲むなど仕事時間以外に話すときは、話題に悩むことがあります。相手のプロフィールについて差しさわりがない質問をしていくと話し始めやすいでしょう。そして話しながら、相手の趣味や関心をつかんで話題を増やしていくと、話が弾みます。

相手が話すのが好きな方に対しては聞き役に回り、話すことが好きではない方に対しては話題を提供するとうまくいきます。

終わりに

相手の個性が分かってきたら、一般的には言われていない個別の会話術を見つけると、さらに良いでしょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です