コンサルタントの習慣術でクライアントの成果を上げる

コンサルタントの習慣術

日常生活の過ごし方が、ビジネスの成果として表れることもあります。どのようなことを習慣化していると、ビジネスパーソンとしての能力が高まるのでしょうか。身につけておきたいコンサルタントの習慣術を紹介します。

 

早起きして朝食をとる

朝活ということばが注目されましたが、朝の時間を上手に使うことで1日仕事が変わるといっても過言ではありません。朝早起きして時間に余裕を持つことで、ゆったりと朝食をとる時間がとれます。朝食をとって顎を動かすことで、脳に刺激がいき働きやすくなります。

体温も上がりますので、身体が活動しやすくなるのです。また、朝の始業前の時間に早めに出社すると、オフィスの電話が鳴らない静かな時間帯に、1日の仕事の段取りをすることで、業務の効率化を図ることが可能です。対応が難しい案件について、ゆっくり考える時間をとることもできます。

読書をする時間をつくる

考える力は業務の効率化はもとより、新規の事業の計画立案など、事業を進めていくうえで土台となるものです。様々な体験をする時間を大人になってからとることは難しいですので、思考を広げて、新たな視点で物事を考えられるようにするための近道は、日々の読書です。

ベストセラーを選ぶのではなく、気になるテーマの本を読み、関連する分野のものに広げていきましょう。早めの時間に通勤し電車で座って本を読むなど、本を読むための時間をとることを習慣化することが大切です。

後でわかるメモをとる

人の記憶力は曖昧で覚えているつもりであっても、忘れてしまうことがあります。朝礼や会議、ミーティングなどで共有された情報をきちんと把握しておくためには、メモをとる習慣をつけることが大切です。情報の共有が正確にされないことで、仕事のロスが起こります。

メモは後で見たときに内容を正確に思い出せるものとします。単語のみのメモであった場合、それを元として内容を詳細に思い出すことは難しいでしょう。後で見返したときに、正確な内容がわからなければ、メモとしての意味をなしません。箇条書きにするなど、要点を簡潔にまとめておきます。

問題意識を持って考える

将来の目標を立てて問題意識を持ち、現状では足りないものは何か、何をするべきか考えていくことが大切です。日々の業務にも常に問題意識を持って取り組むことで、トラブルが起きたときの対応力も身につきます。やみくもにただ業務をこなしている人との差がつきます。

最後に

日々の習慣が質の高い仕事に結びついていきます。効率よく業務を進め、新たなアイディアを生むためにここに挙げた習慣を身につけておきたいものです。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です