2015年9月15日

クライアントの成果が上がるコンサルタントの集客術

コンサルタント集客術

「人が集まらず、モノやサービスが売れない…」、そんなときは何から始めるべきなのでしょうか。SNSを活用しても、ほとんど効果が得られないこともあります。マーケティングの基本となるコンサルタントの集客術をまとめてみました。

市場調査を怠らない

そもそも、対象となる商品やサービスが世の中でニーズのあるものなのか、市場調査を行っておく必要があります。関心のある層が少なくてもニーズが高く、競合する会社が少なければ、集客次第でビジネスとして成功する可能性があります。

そもそも世の中で求められている商品やサービスなのか、実態を知っておくことが大切です。

商品やサービスの強みを知る

自社の商品やサービスの強みを全面的に打ち出して、集客につなげていきます。アピールするような強みがなければ、商品やサービスの企画自体に問題があると言わざるを得ません。商品やサービスには、他社と差別化を図るためのコアな魅力も必要です。

差別化を図れる部分がなければ、商品やサービスのリニューアルも視野に入れましょう。

ターゲットを明確にする

販売するサービスや商品がどんな顧客を対象としているのか、ターゲットが定まらなければ、集客にどんな手法を用いるのか、効果的なアプローチ方法が見出せません。若者かシニア層か、あるいはファミリー層であれば子どもが乳幼児なのか、小学生か、

アプローチしていくターゲットを絞り込んでおく必要があります。メインとなるターゲットの属性を明確にしましょう。

ターゲットの属性ごとにアプローチ方法を変える

同じ商品やサービスに関心を寄せていても、ターゲットによって、関心のあるものや目にするものが異なります。多くの人にアプローチをすることを狙い過ぎてしまうと、ターゲットとなるどの層にも届かなかったという結果も起こり得ます。

ターゲットの属性を分類し、重なる部分に注力することも有効ですが、ターゲットごとにアプローチ方法を変えていく必要があります。

効果的なタイミングでアプローチを図る

商品やサービスのセールスの告知は、過度に行い過ぎても効果が下がります。SNSでの配信や広告展開は3回までを基本としましょう。リリースの決定時、中間、リリース直前とします。フックになるものを織り交ぜ、顧客の記憶に残り、気になると感じさせることが集客につながります。

最後に

集客につなげるために、効率的なアプローチを行うよう導くことが、コンサルタントの役割です。クライアントの商品やサービスを深く理解して臨みましょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です