2015年9月10日

クライアントの成果を上げるために必要なコンサルタントの資格とは?

コンサルタント 資格

コンサルタントには、経営コンサルタント、ITコンサルタント、建設コンサルタントなど色々な種類があり、それぞれ役立つ資格が異なっています。経営コンサルタントについては、もっていなければ業務ができないという資格はありませんが、資格があったほうがお客さまの信頼を得やすく、

試験勉強をすることにより知識が豊富になります。この記事では、経営クライアントの成果を上げるために必要な資格をご紹介します。

クライアントの成果を上げるために必要なコンサルタントの資格

中小企業診断士

経営に関するコンサルタントを行う資格として有名なものは、国家試験の「中小企業診断士」で、経済、経営、財務、会計、システムなどの理解に役立ちます。また、中小企業診断士として登録すると、有効期間は5年間で、

資格を更新するためには知識と実務の要件を満たさなければいけないので、スキルアップにつながります。資格を更新するためには、中小企業診断協会が実施する理論政策更新研修や論文審査などを5回以上受講する必要があるほか、経営診断・助言業務の実務行う必要があります。

MBA(経営学修士)

クライアントの成果を上げるために必要とまではいえませんが、取得できれば活躍の場が広がる、かなり専門的な資格です。ビジネススクールや大学院で経営にかかわる様々な学問を学ぶ必要があります。

コンサルティングファームで働く経営コンサルタントなど、規模が大きい企業やプロジェクト運営に関する助言をする方がもっている傾向があります。

経営士・経営士補

グローバルな視点の経営者・管理「中小企業診断士と経営士の違い」によると、昭和26年に経営コンサルタントの資格制度を検討し、同年9月に経営士の制度を確立して、日本経営協会が発足して、経営士が日本発のコンサルタント資格となりました。

筆記試験では、経営課題に加え、経営・生産・販売・マーケッティング・人事・財務・情報から2分野の知識が必要です。日本経営士協会に一般会員として入会して、講習を受講すると、経営士補の受験資格を取得し、経営士も同様です。認定されるには、一定期間の実務経験が必要です。

最後に

資格の取得に加え、登録や更新についても調べておくとよいでしょう。他に、医療や農業など特定の分野に特化した経営コンサルタントであれば、専門分野に関連する基本的な資格を探してみてください。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です