リンク切れを教えてくれるWordPressプラグインBroken Link Checkerの設定方法

63

自分のWordpressブログからリンクをした先がリンク切れしてないかどうかをチェックしてくれるプラグイン「Broken Link Checker」の設定方法について解説します。

リンクを貼ってもいつの間にかリンク先が閉鎖していたり、そもそも記事を作成する際に誤ったリンクコードを貼ってしまっていたりする場合があります。
「Broken Link Checker」はそのようなリンクのチェックを一括で行ってくれるプラグインです。

Broken Link Checkerのインストールと有効化

まずは他のWordpress プラグインと同様「Broken Link Checker」のインストールと有効化を行います。
インストールと有効化は「WordPressプラグインのインストールの3つの方法と有効化の方法」をご覧ください。
記事内の3つのやり方のうち、どのやり方でも可能です。

05-01


プラグインを有効化すると、まず最初のリンクエラーチェックが行われます。
その結果はダッシュボード上に表示されます。

05-02

Broken Link Checkerの設定方法

05-03


「Broken Link Checker」を設定するには左メニューの「プラグイン」>「インストール済みのプラグイン」からプラグイン一覧を表示し、「Broken Link Checker」の中の「設定」をクリックします。または左メニューの「設定」>「Broken Link Checker」からでもOKです。

1.一般設定

05-04


「一般設定」タブで設定する内容を説明しましょう。

1-1.各リンクをチェック
デフォルト(初期設置)では「72」となっています。
72時間ごとにリンクの状態をチェックする、という意味です。
好きな時間を指定してください。
特に希望がなければ、そのままで構いません。

1-2.メールで通知、通知メールアドレス
「新たに検出されたリンクエラーに関してメール通知を受ける」にデフォルトでチェックが入っています。
必要であれば「記事内のリンク切れについて、投稿者に電子メール通知を送信」にもチェックを入れてください。次の「通知メールアドレス」で指定したメールアドレスにお知らせが届きます。

1-3.リンクの調整
リンク切れが見つかった時に、どのように表示するか、見た目を変える設定をします。
デフォルトでは「リンクエラーにカスタムCSSを適用する | CSSを編集」にチェックが入っており、これは取り消し線が表示されるようになります。

2.リンクチェック対象

05-05


ブログ内のどのリンクに対してチェックをするかを設定できます。
チェックする対象として「カスタムフィールド」、「コメント」、「ブログロール」、「固定ページ」、「投稿」とあり、「コメント」、「固定ページ」、「投稿」にデフォルトチェックが入っています。
サイドバーのリンクに当たるのが「ブログロール」ですので、「ブログロール」にもチェックしておきましょう。

また、「リンクチェックする記事のステータス」は記事がどの状態の時にチェックするかを設定できます。デフォルトは「公開済み」ですので、そのままで構いません。

3.リンク種類チェック対象

05-06


チェックする対象のリンクの種類を選択することできます。
デフォルトは「HTMLリンク」と「HTML画像」です。

以上を設定しておけば十分でしょう。

リアルタイムでリンク切れをチェックする方法

一般設定により、リンク切れを自動的にチェックすることができますが、いますぐリンク切れをチェックすることも可能です。

まず左メニューの「ツール」>「リンクエラーをチェック」を選びます。

05-07


リンクエラーがある場合、下図のように表示されます。

05-08

リンクを修正する方法

リンクエラーの画面でエラーのURLにカーソルを合わせると下図のようにメニューが表示されます。

05-09


拡大するとこんな感じです。

05-10


それぞれについて解説します。

URLを編集

「URLを編集」をクリックすると下図のように表示されます。

05-11


「URL」の下の欄に正しいURLを入力して更新ボタンをクリックします。

リンク解除

「リンク解除」をクリックすると、設定している記事からリンクが削除されます。

05-12


リンクエラーではない

「リンクエラーではない」をクリックすると、記事内のリンクはそのままでエラー一覧には表示されなくなります。

05-13


リンク切れから解除

「リンクエラーではない」をクリックすると、記事内のリンクはそのままでエラー一覧には表示されなくなり、一覧の「リンク切れから解除されました」の横の数字がカウントアップされます。

05-14


以上が、リンク切れを教えてくれるWordpress(ワードプレス)プラグインBroken Link Checkerの設定方法です。
リンク切れがあると、なんとなく「信頼できない」と感じてしまいます。
たくさんのページ数だとリンクも管理しきれませんから、かならず入れておくようにしましょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です