2015年5月18日

コンサルタント必読、読むだけでブログの文章力が上がる情報サイト!

ブログ文章術イメージ画像


コンサルタントは営業資料、ホームページ・ブログ、メールなど文章を使う機会が多いものです。

文章には思考が反映されているように思われがちなので、文章力がないと、伝えたいことが正確に伝わらないだけではなく、仕事ができなさそうな印象を与えてしまうことがあります。

そこで、今回は、文章力をつけるために役立つページをご紹介します。


ブログやメールに役立つ文章力が得られるページ

 ITPro 「10年後も通用する文章術」  

2009年2月からの連載記事で、IT教育コンサルタントの芦屋広太氏が執筆していて実践的です。

第1回には、分かりにくい文章の特徴が9つ挙げられています。自分の文章が分かりにくいと言われて、どのようにかが分からない方は、きっと当てはまる点が見つかるはずです。

第2回は、論点を絞る方法について書かれています。専門的なテーマや複雑な内容の場合、全てを伝えようとしてうまくまとまらないことがありますが、そんなときに思い出したい記事です。

第3回は、平易に短く表現するポイントについて書かれています。読み手が既知の情報のみ省略するなど、具体的な方法が書かれているので、平易に短くする方法が分からない方にお勧めです。

なお、各回の2ページ目を読むには、無料会員登録が必要です。

ITPro 「10年後も通用する文章術」



@IT「誰にでも伝わるSEのための文章術」  

SE向けの連載ですが、客観的・理論的に説明するコンサルタントの文章と共通点があります。

第2回の「読みやすい文書の極意は『修飾語』にあり」を読むと、修飾語を使いこなす方法が分かります。また、「具体的な用語を使用する」という、読み手に情報を伝えるうえで非常に重要なことが書かれています。

また、第5回の「ドキュメントの質を確実に上げる6つの文章作法」には、主語と述語の関係や否定形使い方など、きちんとした文章を書くポイントがまとめられています。

@IT「誰にでも伝わるSEのための文章術」


文章は思いつくままに書くのではなく、読み手の立場に立ってみることが重要です。そのため、文章力を上げる色々な方法やテクニックを学んでいくと思います。必ず、『読者のためになるか』という視点を忘れずに、スキルアップを心がけましょう。

ブログや情報サイトを運営しているコンサルタントの方、記事を執筆しているライターの方は、読者に素早く正確に伝えられる文章を執筆してください。

上記の文章術を理解することで、文章に自信をもっている方でも、自分で気づいていない点を発見できることでしょう。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です