2015年8月27日

コンサルタントで成功し、お金持ちになるための方法

お金持ちになる


コンサルタントとして起業した人の中には、成功してお金持ちになる人もいれば、日々の仕事を得るのに苦労している人もいます。その違いはどこにあるのでしょうか。コンサルタントとして成功するための方法をまとめてみました。

専門分野を明確に打ち出す

コンサルタントに依頼をする人は、専門的な知識のある人のアドバイスを得て、自社の事業を成長させることを主な目的としています。当然、自分が知りたい分野に強い人を求めます。広い分野を手掛けるコンサルタントよりも、専門性をアピールした方が、需要が見込めるのです。

コンサルタントとしての仕事の幅を広げたいのであれば、ある程度実績を積んだ後としましょう。

人脈をつくっておく

コンサルタントとして独立する前に、人脈をつくっておきましょう。知人が直接の顧客にはならなくても、コンサルタントを必要としている人を紹介してくれるケースもあります。また、業界のパーティや研修会に顔を出すなど、人脈を広げる努力も必要です。

ブランディングしていく

コンサルタントにとっては、自分自身が商品です。どのように自分の見せ方は、仕事を獲れるかどうかに直結します。実績を着実に積みながら認知度を上げていき、ブランディングを図っていきましょう。ブランディングに成功すると、仕事が仕事を呼ぶようになります。

観察眼を鍛える

コンサルタントとして成功するためには、鋭い観察眼が必要です。日頃からニュースや社会問題に目を向けるとともに、日々の生活の中でも観察眼を養っていきましょう。コンサルタントは洞察力が求められる仕事です。

お金を大切に使う

コンサルタントは元となる資金が少なく、身一つでも始められる仕事です。ただし、コンサルタントに転身を図る人には大手企業のトップセールスマンも多く、潤沢な資金を用意しているケースもみられます。

しかし、起業して成功する経営者の多くは、独立資金を慎重に使い必要なことのみにだけお金を使っています。開業当初は、ケチと思われるくらいのお金の使い方をすることが、コンサルタントとして成功し、お金持ちになる道に繋がります。

最後に

コンサルタントは自分を売り込む仕事ですので、自分自身で顧客との良好な関係を築いていくことが大切です。人の話に耳を傾けて信頼を得ること、言いにくいことでも言葉を選んで適格にアドバイスすることが求められます。

一人一人の顧客と向き合って、地道に実績を重ねていくことで、コンサルタントとして成功し、お金持ちになることに結びついていくのです。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です