All in One SEO Packプラグインの設定方法(WordPress)

55

All in One SEO Pack は、Wordpressブログのアクセスを集めるために必要な設定を総括的に管理することができるプラグインです。

具体的に言うと、
・記事ごとのSEOのメタ要素の設定
・ソーシャルメディアの拡散効果を上げるOGPの設定
・クローラーの巡回を促すXML Sitemap の設定
などを細かく設定し一括管理することが可能です。

今回は、このAll in One SEO Packの設定方法について解説します。

All in One SEO Packのインストールと有効化

まずは他のWordpress プラグインと同様All in One SEO Packのインストールと有効化から。
インストールと有効化は「WordPressプラグインのインストールの3つの方法と有効化の方法」をご覧ください。

記事内の3つのやり方のうちパターン2のやり方で可能です。

All in One SEO Packの設定方法

1.インストール後にやるべきこと…

All in One SEO Packをインストールして有効化した後にやるべきことは3つあります。
1.全体の設定
2.OGPの設定
3.XML Sitemapsの設定
以上の3つです。

順番に説明していきましょう。

2.全体設定

All in One SEO Packをインストールし有効化すると左メニューに「All in One SEO」という項目が表示されます。
カーソルをそこに合わせると「General Sttings」という項目があるので、それをクリックします。

02-01


すると次のような「All in One SEO Pack Plugin Options」の画面が表示されます。

02-02


ここでは以下の9つの設定を行います。

1.トップページのタイトルとメタタグの設定
2. メタキーワードに関する詳細設定
3.検索結果に表示するタイトルの設定
4.カスタム投稿用の設定
5.ディスプレイの設定
6.ウェブマスターツールの認証
7.Google+との連携とアナリティクスの設定
8.Noindex の設定
9.高度な設定

では、それぞれ引き続き進めていきましょう

2-1.トップページのタイトルとメタタグの設定

ここで行うのはトップページのタイトルとメタタグの設定です。
具体的に言うとTitleタグとMeta DescriptionタグとMeta keywordタグの設定になります。
特にTitleタグとMeta Descriptionの内容は以下のように検索結果に表示される項目になります。

02-03


これらは「Home Page Settings」という欄から設置が可能です。

02-04


ホームタイトルには、サイト名とメインキーワードを含めた文章を入れます。
このサイトの場合「コンサル大学 トップ4%のコンサルタント・先生になる!」です。
「コンサル大学」というサイト名と「コンサルタント」「先生」というキーワードを含めています。

ホーム詳細には、Wordpressサイトの解説文章をいれます。
100文字程度。やはりこちらにもサイト名やキーワードを含めておきましょう。

ホームキーワードには、キーワードを入れます。
SEOには関係がないとは言われていますが、こんなキーワードで上位表示されたい欲しいと思うキーワードを5〜7つ程度入れておきましょう。

2-2. メタキーワードに関する詳細設定

次にメタキーワードに関する詳細設定ですが、これは「Home Page Settings」の下にある「Keyword Settings」の欄で行います。
下図のようにチェックボックスのチェックをすべて外します。

02-05


ここにチェックを入れたままにしてしまうと、各記事のメタキーワードが自動生成されてしまうので要注意です。
コンサルタントの場合、1記事1キーワードで記事を作成していきますので、この自動生成の機能は不要です。

2-3. 検索結果に表示するタイトルの設定

次にGoogleの検索結果ページに表示されるタイトルの設定ですが、検索結果ページに表示されるタイトルはGoogle側で調整するようになっていますので、ここで設定しても無意味ですので「利用停止」を選択します。

02-06


ちなみに、その下にある、「Capitalize Titles」はタイトルの頭文字を大文字にするかどうかの設定。「カテゴリータイトルを大文字にする」 の部分は、英文字のカテゴリ部分を大文字にする設定。いずれも日本語のブログには関係ありませんので、どちらでも構いません。

2-4.カスタム投稿用の設定

ここではカスタム投稿の設定を行います。
カスタム投稿を行う予定のある場合に設定します。
はじめは使うことはありませんが、今後使っていくことになりますので(また、これについては別途解説します。)、設定をしておきましょう。

初期設定は下図のようになっています。

02-07


「Enable Advanced Options」を「利用」にクリックすると下図のようになります。

02-08


上図のように設定を行います。

2-5.ディスプレイの設定

次にディスプレイの設定を行います。

02-09


「Show Column Labels for Custom Post Types」の「投稿」と「固定ページ」両方にチェックを入れます。「メディア」にはチェックを入れなくて構いません。
「Display Menu In Admin Bar」と「Display Menu At the Top」は初期値としてチェックがついていますが、特に外す必要はありません。

2-6.ウェブマスターツールの認証

ここではGoogleのウェブマスターツールの認証を行います。

02-10


まず、ウェブマスターツールでサイトの埋め込みタグの発行を行い、それをコピーしておきます。
ウェブマスターツールが分からない人は「ウェブマスターツールの設定方法」をご覧ください。

02-11


上図の赤枠で囲った部分の「content=”○○○○”」で「”○○○○”」のダブルコーテーションで囲った英数字の部分をコピーして「Google Webmaster Tools」の欄にペーストします。

02-12


ここで念のためにページの上部と下部にある「設定を更新」をクリックして今までの設定を保存しておきます。

2-7.Google+との連携とアナリティクスの設定

次はGoogle+との連携の為の設定を行います。
次の図のように設定します。

02-13


このように設定を行うと、検索結果のページに著者情報を表示することができます。

この設定を行う前提として、Google+のアカウントとGoogle+ページを作って
置く必要があります。詳細はGoogle+ヘルプセンターを参考にしてください。

次にGoogleアナリティクスとも関連付けを行います。

「UA-12345678-9」というような「UA」から始まるGoogleアナリティクスのIDを「GoogleアナリティクスID:」欄に入力してから「Connect With Google Analytics」とある青いバナーをクリックします。

02-14


すると次のように許可を求められますので「アクセスを許可」をクリックします。

02-15


以上でGoogle Analyticsでサイトのアクセス数などのパフォーマンスの計測を行うことができるようになります。

2-8.Noindex の設定

次にNoindexの設定を行います。この設定はGoogleにインデックスされる必要のないページを設定します。
インデックスさせないページを登録することによって、Googleのクローラー(ページを回って内容を確認するシステム、と考えてください。)が余計なページまで回遊する必要がなくなります。
結果、クローラーの回遊性をアップさせる効果があります。

02-16


以上のように設定します。

カテゴリーに関してはインデックスさせるように設定にするため「カテゴリをnoindexにする」のチェックは外します。

理由は2つあります。
1.カテゴリーページは投稿したコンテンツからリンクが集まります。結果、たくさんのアクセスが集まりやすくなり上位表示されやすいから。
2.WordPressのバージョンアップによりカテゴリーページのコンテンツが自由に編集できるようになったから。

2-9.高度な設定

最後に高度な設定「Advanced Settings」という項目があります。
この項目はヘッダーに色々な表示をすることができるという機能を持ってますが使う必要はありません。

02-17

3.OGPの設定

ここではOGPの設定について説明します。OGPというのは「Open Graph Protocol」の略で、FacebookやTwitter、Google+などのSNSで記事がシェ
アされた場合に表示される記事や画像を指定するものです。
Facebookでいうと四角で囲んだ部分、ですね。

02-18


では、早速WordPressでの設定方法を解説しましょう。

3-1.OGPの設定方法

02-19


左メニューの「All in One SEO」の下にある「Featuer Manager」を選択すると上図のような画面に切り替わります。その中にある「Social Meta」の「Advance」バナーをクリックします。

02-20


するとSocial Metaのイラストがカラーに変わります。
これでOGP機能が使用可能になりました。

02-21


次に左メニューに「Social Meta」という項目が追加されているので、これをクリックします。そうすると次のように表示されるので、各項目を図と同じように設定してください。

02-22

02-23

02-24

02-25


FacebookのProfile IDは下記の方法で知ることができます。

1.ブラウザのURL窓に@「https://graph.facebook.com/あなたのFacebooknoユーザーネーム」を設定します。
あなたのFacebookのユーザーネームは自分のFacebookページを表示すると
URL窓に表示される「https://www.facebook.com/以後に表示される部分」言います。
例えば鈴木太郎さんのFacebookの個人ページの場合、「https://www.facebook.com/taro.suzuki」だとすると、「taro.suzuki」がユーザーネームに当たります。
つまり鈴木太郎さんの場合、ブラウザのURL窓に「https://graph.facebook.com/ taro.suzuki」と入力します。

2.そうすると表示される画面の一番上に「id”: “10000123456789”」というような数字が表示されます。これがProfile IDになります。

4.XML Sitemapsの設定

XML Sitemapsは、サイトを更新したりしたときに、検索エンジンに更新情報を伝えてクローラーの巡回を促します。では早速解説しましょう

4-1.XML Sitemapsの設定方法

02-26


左メニューの「All in One SEO」の下にある「Featuer Manager」を選択すると上図のような画面に切り替わります。その中にある「XML Sitemaps」の「Advance」バナーをクリックします。

02-27


すると「XML Sitemaps」のイラストがカラーに変わります。これで「XML Sitemaps」が使用できるようになりました。
また、左メニューに「XML Sitemap」という項目が追加になったことも確認できます。

02-28


次にメニューにある「XML Sitemap」をクリックします。
そうすると次のように画面が表示されるので、ここで表示している通りに設定してください。

02-29


次の「Excluded Items」では、XML Sitemapに含める必要のないページを指定することができます。

02-30


お問い合わせやサンクスページなどインデックスする必要のないページを指定します。

4-2.XML Sitemapをウェブマスターツールから送信する

これまでの設定を完了するとXML Sitemapが生成されます。これはご自分のURLの続きで「sitemap.xml」と入力すると確認できます。このページをGoogleのウェブマスターツールからGoogleに送信しておくとインデックスを早めることができます。

02-31


以上でWordpressプラグインAll in One SEO Packの設定は完了です。

たくさんの工程がありますが、図の通りやれば必ずできます。
落ち着いてひとつずつ順番に取り組んでください。

トップ4%のコンサルタントだけが知っている「5つのオキテ」を知りたい人は下記から登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です